マイホームを安く買うなら|不動産会社を利用するなら見極めが大事|快適な暮らしを手にする方法

不動産会社を利用するなら見極めが大事|快適な暮らしを手にする方法

積木

マイホームを安く買うなら

集合住宅

間接費用の節減に注目

新築・中古を問わず住宅を購入するときは、物件の本体価格のほかに仲介手数料というものを支払うのが通例となっています。これは不動産業者に対して支払うお金で、物件を紹介するために情報を提供してくれたり現地を案内してくれたりすることに対する事務手数料の性格を持ちます。もちろん売買契約が結ばれないと支払いは発生しませんから、一種の成功報酬的な意味合いもあります。 仲介手数料はあくまでも仲介業者に支払うものですから、仲介者のいない物件、つまり売主から直接購入する場合は不要となります。ですから購入に係る費用を抑えたければ、売主物件を探せばよいということになります。 ただ注意が必要なのは、こうした物件は決して数が多くないということです。そのため仲介手数料無料のみにこだわっていると、選択の幅を狭めてしまうことになります。

仲介手数料がタダならお得

ところが最近では、売主物件ではない通常の仲介物件の中にも仲介手数料無料を謳っている物件があらわれるようになってきています。 といっても仲介手数料を一切受け取らないのでは、仲介業者は営業を続けていくことができません。では仲介手数料無料物件とは何かというと、売主のみから仲介手数料を受け取り、買主からは受け取らない物件のことをいいます。 仲介手数料無料という売却手法は、言うまでもなく仲介業者の収入減につながります。ただ、そもそも仲介手数料は売買が成立しなければ1円も入ってこないものです。そこで、買主側の仲介手数料を無料にする、つまり間接費用をディスカウントすることで物件の割安感を出し、成約率をアップさせようという営業戦略をとっているのです。