歯科で行う綺麗にする方法

歯科で行う治療で人気のホワイトニングには、様々な種類が存在しています。
その中でも最も行われているホワイトニングについて紹介していきます。

歯科で行われている歯を綺麗にする方法は、オフィスホワイトニングとデュアルホワイトニングの2種類が存在しています。

オフィスホワイトニングというのは、医師が専用の器具を使用し歯を綺麗にしていく治療です。
白くするための成分が入った薬品を歯に塗り、その上からレーザーをあてることで、歯に薬品を通し白く輝く効果を得ることが出来るといった治療となっています。

オフィスホワイトニングは短時間でできるとして多くの人に利用されており、これを定期的に行うことで、白さを保つことが出来るのです。

こういったオフィスホワイトニングを取り入れた治療に、デュアルホワイトニングという治療も存在しています。
デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングと同様の治療を行った後に、自宅で行うホワイトニング治療を行うことで白さを保てる治療となっています。

定期的に自宅でホワイトニングを行うと、薬品が届かない箇所が出てきます。
奥歯や歯の隙間、歯と歯が重なっている箇所などになります。
そういった箇所には、医師がオフィスホワイトニングを行い白くすることもできます。

こういった薬品を使用した治療を行う場合と、市販の薬品を使用した場合の違いがあります。
それは、薬品の性質が異なるというものです。

歯科で行う薬品には、歯を傷つける成分が入っていません。
しかも費用も低価格で行うことが出来るため、歯科で行うホワイトニングには多くのメリットがあるのです。

自分に合う治療法を行うことで、綺麗にすることができるのです。

Comments are closed.